パイオニア交響楽団とは
 私の所属しているパイオニア交響楽団は、パイオニアの社員・家族を中心に結成され、現在は完全にオープンなアマチュアオーケストラです。団員は仕事も出身大学も年齢層もバラバラです。
 定期演奏会は長期間にわたって黒岩英臣氏に指揮をしていただいています。トレーナーの招聘には力を入れており一流の奏者・指揮者をお迎えしており日々の練習が非常に勉強になっています。またパイオニア合唱団を前身とした合唱団フィルハーモニッシャー・コールとの合同の演奏会も3年に1度ほど開催しています。  
 年に1〜2回程度の定期演奏会があります。
近況
2020年3月に第33回定期演奏会でシューマンの交響曲第3番を演奏する予定です。
団員募集
パイオニア交響楽団では、各種パートの団員を募集しております。 オーディションなどという小難しいモノはありません。 団員は、パイオニア社員以外に学生・ライバル会社の社会人・自由業、ピアノの先生など多種多様。 詳細は、こちらをご覧下さい。


戻る